岐阜県の自営業U.Oさん(23歳)
きっかけは転職活動中のほんの短期間、手元に自由になるお金がなくなったことでした。
新しい仕事が決まり、初めてのお給料が出るまでに二ヵ月もあったからです。

膨れ上がる返済額・・・

そのため交通費などの最低限のものを借りるつもりで初めてクレジットカードのキャッシングを利用しました。
継続的に仕事をしていくことですぐに返せると思ったからです。

しかし、新たな人間関係を私なりに保つためには交際費が必要になりました。
当時の私は見栄っ張りで、同僚や先輩たちの誘いに、事実や本心を告げることがなかなかできなかったからです。

リボ払いなどクレジットカードのメリットだけを覚えては利用する日々。
デメリットからはどこか目を背けていたのかもしれません。
そして職場の環境が肌に合わなくなりストレスを抱える日々に発散するかのように多額の買い物をするようになってしまいます。
手元に現金を多く残すためには、当たり前のようにカードのショッピングを利用してしまいます。

あっという間に借金が膨れ上がり、返済計画を立てること自体が出来ない状況になってしまいました。
そして数年利息だけを何とか払い続けてきたため、借金はまったく減りません。

おまとめローンで返済できるはずが・・・

そのため銀行のおまとめローンを利用しました。
その頃にはそれなりの給料をもらっていたため、クレジットカードの借金はすべて返済できる限度額を与えられました。
借金が無事に一本化されたことになります。

ついにクレジットカードをすべて破棄できるはずでした。
でも痛い思いをしているのだから余程のことがない限り使わない、何かの時のために持っておいた方が安心と思い、結局破棄しなかったのです。
しかしこれが間違いだったのです・・・。

繰り返される過ち・・・

借金がすべて返せると思った矢先、またお金を借りてしまいます・・・。
しかも一度ならず、何度も借り続ける始末。
生活水準を下げることもできずに、お給料でも返済が間に合わず、気が付けば返済のために他社からお金を借り続けることになっていました。

そして返済が不可能になった時、債務整理をすることに至りました。

働いていればなんとかなるという思いはとても甘かったと、お金の大切さや有り難さがわかっていなかったと反省したのはそれからです。
今では、1円を稼げる有り難さ、1円を使える有り難さを心から実感しています。
今後クレジットカードは持たないと誓いました。

しかし、時代の流れとともにあらゆる支払が現金よりカードの方がスムーズであったりお得になっている昨今。
もし今後使うことがあっても、借りる前にしっかりと返済計画を立てることが必須だと胆に銘じています。
ほとんどの人が当然のようにできていることなのかもしれません。
ですが、それまでの自分の金銭感覚は無駄遣いもせずに貯蓄もありましたので、まさかほんのちょっとしたことがきっかけで、クレジットカードの罠とも思えるようなこのスパイラルにはまることなど想像もしていませんでした。

自分は大丈夫と思っている人でも、いつこのような状況を招くかはわからないということが私の経験から伝わればと思います。

この時の教訓はクレジットカードで買える高い物にも寄稿しました。
つまらない見栄のためにクレジットカードのキャッシングを使うのは危険です。
そのことを多くの人に知ってもらいたいから。